【 WEBライター】得意じゃないジャンルの記事を書くにはどうしたらいいのか?

WEBライターとして活動していると、どうしても半分近くは得意ではないジャンルになる。

とくにクラウドソーシングなど使うと、好きなジャンルばかりにこだわってはいられない。

でも得意じゃないジャンルは「調べる」というインプットがまず必要になり、記事を書くのに時間がかかってします。

 

まだ興味のあることなら調べることも苦痛にはなりませんが、向き不向きのジャンルは必ずあるものです。

 

得意じゃないジャンルの記事を書くにはどうしたらいいのか?

  • 興味をもつ
  • 時間を決めて書く(修正覚悟)
  • 分割する(一気に書かない)

まずは興味がないことでも、興味をもつしかありません。

 

例えば私は芸能関係にはサッパリ興味がありませんが、エンタメ記事で芸能人のことを記事にしないといけない場合がある。

 

最近でいえば「はじめしゃちょー」のことについて、これまで炎上して動画についてまとめる記事を依頼された。

 

「全くもって興味がない!」

 

今まで名前は知っているが、顔も知らないし、動画も見たことない。

 

でも記事を書くしかない。だから興味を持つしかない。だから興味を持つポイントを探します。

 

私の場合は、その人の人格や思想に興味を持つことにしている。

そこから調べて興味をもってから、記事を書くことにしている...

 

 

クラウドソーシングで記事単価1円を探すのはものすごいヘビー

クラウドワークスで、ブログ記事作成の仕事・依頼をさがすと453件該当します。(2019/10/13)

こっから文字単位1円に絞ると、十分の一以下の42件しか該当しない。

たったの42件...

あの依頼数が多いといわれているクラウドワークスでだ...

この42件でも、

  • シナリオ作成:1円でそこまで頼む...
  • エンジニア限定:プロのスキルを求めている....
  • 特殊な体験談を希望:注文住宅で家を建てたなど...

初心者や素人が文字単位1円ですでに手が出る案件がなさすぎるし、依頼者はほぼ文字単位0.5円以下です。

 

ほぼ無理ゲーです。クラウドワークス一本でWEBライターで稼ぐのは。結局は人脈とコネが必要!!

ではまた

 

 

香港のオススメスポット

香港に新しくできた巨大モールと美術館をかけわせた新観光スポット、都会のど真ん中に位置してするこのショッピングモールのコンセプトは、「アート・ナチュラル・カルチャー」、とにかくすごいモールだけど、経済的に成功するこはわからない。

ターゲットが広そうでせまい気がする..

臭いって言われている食べ物が実は美味しくて食べづ嫌い/食べづらい現実を打破するにはどうしたらいいのか...

臭いって食べものって実際食べてみると美味しくて、癖になりやすい特徴がある。

はじめ食べたとき「独特の味だね...」ってな感じだけど、何ヶ月かに一度は食べたくなる中毒性がある。

 

最近はアジアの国で出会った中毒性のあるくさい食べ物ベスト3

 

  1. durian/ドリアン
  2. jengkol/ジェンコール
  3. petai/ペタ

 

1位はドリアン、東南アジアじゃ簡単に手に入る手軽さがあるが、当たり外れが激しい果物の王様です。

食べず嫌いな人や、一度食べて嫌いになった人は、もしかしたら本場の味を知らないかもしれない。(当たり外れが激しいので...)

美味しいドリアンは苦味がなくとにかく濃厚な味、一度食べたらもういいって思うけど、なぜだがたまに恋しくなる。

2位はジェンコール、東南アジアで食されている平べったくクリのようなもの、これを食べるとショウベンまで臭います。

でも栄養価があり、歯ごたえがあって美味しい。

3位はペタ、大きなエンドウ豆の形をした巨大な野菜。めちゃくちゃ美味しいけど、ニンニクの比じゃないぐらい口臭が臭くなる。

次の日が休みで人に会わない前日を狙ってしか食べれない。

 

家計簿アプリって一歩間違えると家計から資産までまる見えになってしまう危険性がある!

増税後のキャッシュレス化の還元もあり、電子マネーを使う人が増えています。

そこで同時に便利になるのが、家計簿アプリです。

Fintech(ITを使った新しい金融サービス)を使ったサービスとして、家計簿アプリは人気ですが、家計簿アプリって一歩間違えると家計から資産までまる見えになってしまう危険があることを皆さん気づいているだろうか...

 

家計簿アプリを使ってすべてのお金を管理

家計簿アプリを使って、家計簿、ネットショッピング、クレカ、資産、金融などすべてを連帯させるサービスは実はかなり危険。もしも情報が漏れると、生きさらしになる。

それも無料版で使える家計簿アプリが便利だからといってホイホイと、金融機関や電子マネーに連帯させて、IDやPASSを登録するのは危険だと思わないのか!

 

無料ほど怖いものはないよ!これは生きる上で教訓。

 

最近でもアマゾンで一部のアカウントの購入履歴がさらされることになったけど、家計簿アプリはもしも情報が漏れたらそのどころじゃないからね。

 

あの大企業のアマゾンでさえ、情報が漏れる時代に、無料アプリをなぜそこまで信用できるのか。

使用する前にメリットだけでなく、危険性は理解しとかなきゃ

 

【 副業で投資】もはや投資の勉強をする意味はないでしょう...

副業といえば、投資が一番初めに思いつく人も多いのではありませか。

ただこれからの時代に副業で投資するにあたって、全く知識や経験入らないと思う。

クラウドバンクなどのクラウドファンドや、投資信託以外で、一からFXの勉強して大稼ぎしてやるって人はまだいるのかなあ...

 

はっきり言って勉強するだけ時間の無駄、それも副業の場合なら尚更!

 

投資なんて誰でも大稼ぎできるわけでもないけど、日本の銀行や国債に投資すのは利回りが悪すぎて全くメリットがない。

個人で戦うなら常に経済に目を向けて、一喜一憂して、全く興味もないドナルド・トランプのツイートまでチェックしなきゃならない

なにを好んで口が悪いオッサンをフォローしなきゃなんないんだ!

全てをゲームのように楽しんでいるのが、尚更憎い。

 

副業で投資するなら、知識もつける必要もない、経験を積む必要もない、AIで回しているファンドに、利回り5~7%で納得して投資してりゃいいのではないのか。

それでもっと時間を有意義なことに使えばいい、子供と遊んだり、嫁の肩をもんであげたり、、、

結局キャッシュレス化しないオッサン達を動かす最大の方法は1つだけ、還元率を30%にしろ!

日本のキャッシュレス化が遅れた原因ってなんでかわかりますか?

それはポイントの還元率がクソしょぼいからです。

本気でキャッシュレス化を目指している海外では、キャッシュレスで支払った場合にキャッシュレスバック30%ぐらいは当たり前です。

今回も経済産業省がやってる、ポイント還元でも最大でも5%ほど...小売店じゃ2%...

こんなんじゃ「もういい年だしポイントなんて気にしたくない」っていってる40代オーバーのオッサン、オバハン連中を動かせないよ!

特に日本はこの層から上が多い超高齢社会だよ。

 

彼らがキャッシュレスに興味がないのはなぜ?

もちろん金持っているなら、ポイントなんていらないって感じるけど、結局はポイントを貯めることがメリットをそこまで感じてないの、ポイントの制度が難しいっていうけど、それはただの理由付け。ポイントに興味がないだけなの

 

じゃポイントに興味もってもらうにはどうしたらいいか、ポイントの還元率を30%以上にバンバンあげていくこれだけでいい。

 

何!?「そんなの出来ないって」って、他の国じゃどこでもそうしてるよ。

日本ってそこまで弱体化したの、政府指導でポイント還元率5%って本当に超しょぼいからね、気づかなきゃ!